忍者ブログ

[PR]

2017年06月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010ナツ ep11-ラスト

2010年10月02日
ぬら孫はまだ続くようなので別で、最終回まで全部見た感想を。
完走した作品少なすぎるな…飽きっぽいのかしら


■オオカミさんと七人の仲間たち
猫宮先輩が可愛すぎる、見た目もああいうウエスタン?なかんじ好きなので申し分ない!
しかし声が低いのよね…もうちょっとお姉さん心くすぐるかんじでいいのになんて。
あっ橋の下で絡まれてた子ってのはちゃんと覚えてたよ、好みだったものw

うーん、太郎さまを美女責め・メイドにナース服あたり完全にギャグだけど
涼子ちゃんの襲われかけた過去やスタンガンでの拉致、羊飼の形相(と身のこなしw)はガチで全然笑えない
はたしてごっちゃにしていいものか…こっちはどんなテンションで見りゃいいんだ…ともやもやした
ついでにナレーションが黒子だから、どうしてもシリアスなシーンから浮いちゃってw
とか色々文句つけつつ「どうだぁ?好きな女の前でやられる気分は」で別のものを想像したのは仕方ない、仕方ないんだ

マジョ先輩回がないだと…!?そのためだけに二期をやれ!
あと私にりっくん×アリスさん創作をください!

■世紀末オカルト学院
女を武器にねっとりといやらしく迫る美風さん、アヒル口なことに抜け目なさを見た。流行だしね
まさかの変身(細部まで超気合入ってた)は悪ノリだったよな完全にww
対する教頭は味方と思いきや敵と見せかけて絶対の信頼のおける味方だったという!
白魔術師なんてかっこいいわ、途中で分かりやすい衣装になってくれてありがとうw
真っ直ぐな目で愛を語る彼女を愛しく思うと同時に所詮文明(男)って…と軽蔑と遺憾の念を表する。
そしてラスト1話にして無名の黒服さんに惚れるとは思わなんだ
ああいう獣に弱いのよ、黒点虎的な!いいなぁ私も跨って飛びたい

こwwwwwwずwwwwwwえwwwwwwwwはwwwwww
リアルに噴いた、最後までやってくれるなおいwww

最後、幼少の自分と遭遇してしまった文明が鍵として自分のすべきことを察し、スプーンを手に宇宙人に立ち向かうところに感動
今までのヘタレっぷりを帳消しにするカッコ良さで泣きそうになった
しかしあまりにバタバタで、勢いで片付けられた感もなくはない…
今までのがあったからああいう行動を取れたんだと思えば決して無駄ではないのだけれど
まぁほんとにあの数分にすべてが集約されていたなと
あと記すべきはパパのカッコよさよね。未来崩壊を防ごうとずっと戦い苦しんできたにも関わらず
ようやく解決→平和な未来に解放→マヤに「お茶をしていただけ」と何事もないかのように、全てを抱えて。
あそこで安心して泣き崩れても、慌てふためいて状況を確認しても、やってきた計画を明かしてもいいのに
幸せをかみしめるように会話するパパ、家族で楽しく大切に日々を過ごして下さい…;
そういえば表札「内山」になってたけど、相当な姉さん女房ってことよねw

タイムパラドックスやら細かいことはよく分からない!
だって宇宙人が来たから未来文明が過去へ行き、そこで幼少文明と出会ってしまったから宇宙人が来た
っていう無限ループじゃない?どういうことなの?
そして崩壊した未来の記憶・戦った過去の記憶はそれぞれどれだけ覚えているんだろうかと…
深くは考えないことにした。ラストの絵も大人文明に輪っかついてなかったけど消滅したってことにしてる
もう一回最初から見たいという気持ちにさせる、スカッとしつつ余韻も残る良い作品でした!

■殿といっしょ
え、あれ?稲姫の話…あれ?何気に続きが気になるんだけど終わり!?
他の人々も気になるけど、原作を買い揃えるほどの面白さではないという…
せめて3分間くらいにしてくれないと、キャラも覚えられないし状況把握できないということが分かった
またやってほしいなぁww 
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: